記事一覧

バランスのよい食生活で”無臭体質”を目指そう

体臭や口臭はその人の健康や食生活と大きく関係しています。たとえば動物性脂肪をとりすぎると、皮脂腺や汗腺から分泌される油脂成分も多くなって体臭が強くなります。とくにワキガの人は臭いの発生もととなるアポタリン腺を発達させる原因となります。ニラやニンニクなどの臭いの強い食品をとりすぎるのもよくありません。このように臭いの原因となるものを控えるのと同時に、酸とアルカリのバランスを整えて、健康な体を維持することも大事です。体が酸性に傾くと抵抗力が落ちて、体の不調や病気を招く心配があります。

ちなみに健康な人の血液を調べてみるとpH7・36~7・44ぐらいの弱アルカリ性。健康のためには、これくらいの数値に近い弱アルカリ性に体を保つようにするとよいのです。体を弱アルカリ性にキープするため、食生活は緑黄色野菜や海藻、キノコ、大豆などのアルカリ性食品を中心にするとよいでしょう。葉菜類を主とした青汁などを飲むのもおすすめです。肉類などの酸性食品頒食べすぎないよう気をつけてください。

でも「体が酸性に傾かないように、アルカリ性食品ばかりを食べていればいいか」というと、そうともいえません。かたよった食生活は、やはり不調や病気の原因となります。栄養バランスを考えて、できるだけ多くの種類の食品をとってください。油はできるだけ良質の植物油を使う、塩分・糖分は控えめにして天然醸造酢や梅肉エキスを上手に使うとよいでしょう。胃に負担をかけるのもよくありません。食事は熱すぎず、冷たすぎず、薄味のものを、腹八分目で規則正しく食べてください。

就寝2時間前以降は食べないこと。現代人は軟らかい食べものを好みがちですが、できるだけ硬く、繊維質の多いものをよく噛んで食べるようにしましょう。酒、タバコ、コーヒーなどの刺激物はできるだけとらないこと。とくにタバコには体内では分解されにくい臭い物質がたくさん含まれていて、汗といっしょに体臭として分泌されます。大事なのはバランスのよい食生活を心がけて健康な体を保つこと。体の不調や病気を防ぐことが、体臭や口臭を予防することにもつながるのです。

朝食時の梅干しと緑茶で加齢臭や口臭を予防しよう

ある程度の年齢になると、加齢臭が気になってきます。気になりだすと「また臭っているのではないか」と、いつもビクビク…。このような人は、”朝食時の梅干しと緑茶”を習慣にしましょう。梅干しは「医者いらず」と称されるほど、昔から万病に効くとされてきました。実際、梅干しの有機酸には強い殺菌作用、菌の増殖を抑制する作用、疲労回復作用、活性酸素を撃退する抗酸化作用などがあり、食欲不振、食あたり、二日酔い、風邪などの他、外用として肩こり、打撲などにも有効といわれています。

さらに梅干しに含まれているクエン酸は代謝を円滑にする働きがあり、体臭を減少させるパワーも期待できるのです、クエン酸には雑菌の繁殖を抑制する作用もあるので、とくに口臭予防には大きな効果があるでしょう。一方の緑茶も、たいへん優れた抗酸化作用があります。緑茶には高血圧や糖尿病の予防など、さまざまな効果があることで知られているカテキンが豊富に含まれています。

このカテキンには体内で臭い物質が作られるのを抑える働きがあるので、やはり加齢臭対策にぴったりなのです。カテキンは抗菌・殺菌作用も強いので、口の中の雑菌対策にもおすすめ。口臭はもちろん、虫歯や歯周病の予防にもなります。また緑茶に含まれる抗酸化物質・フラボノイド(ポリフェノールの一種)にも消臭効果があります。ちなみに、お茶には緑茶、紅茶、ウ一口ン茶などがあり、原料は全て同じ。

ただし口臭予防効果には違いがあって、臭い対策として効果のあるカテキンなどの成分は緑茶、ウ一口ン茶、紅茶の順に多く含まれています。虫歯や歯周病が原因の口臭に悩んでいる人は、虫歯や歯周病の菌を抑える成分が含まれているウ一口ン茶を食後に飲むとよいでしょう。紅茶にも虫歯予防の効果があります。また緑茶やウ一口ン茶を飲んだあとの茶葉も捨てないで! 茶菓をガムのようにモグモグ噛むと、気になる口臭を素早く消すことができます。

わきが 臭い対策

どこでもできる、付け根トントンでワキガや足の臭いが消えた

太ももの付け根には、体の老廃物を排出してくれるリンパがあります。このリンパの流れが悪くなると、老廃物が体内に滞るため、体の免疫力が落ちたり、代謝を悪くして体臭の原因になってしまうことがあります。座り仕事の多い会社員のMさん(34才・女性)も、リンパの流れが悪いことで体臭が気になり出したひとりでした。

Mさんは、どのように解決したのでしょうか…。「事務の仕事なので、会社では座りっぱなしなんです。立つときは、トイレに行くときくらい。そのため、帰宅準備をするころには、足がむくんで、靴はいつもパンパンで、なかなか履けません」とMさん。「悩みがそれだけならまだよかったのですが、30才を過ぎたころから、足のむくみばかりか、体質も変わったようで、ワキの臭い、足の臭いが気になるようになったんです」

女性としては、何とかしたいこの事態に、Mさんは、さまざまな健康法にチャレンジして足のむくみを取る努力をしたり、消臭スプレーで体臭をごまかすようになったそうです。しかし、どれも、目覚ましい効果を実感することはできなかったとか。「同じ仕事をしているのに、足のきれいな、むくみ知らずの同僚に相談したんです。そうしたら、太ももの付け根周辺にはリンパがあるので、そこをリズミカルにトントンと数分刺激すると、むくみが解消されるのだと教えてくれました。

これなら、仕事の合間にもできます。それで、こまめに『付け根トントン』をするようになりました。これをするようになつてから、足がむくむことが圧倒的に減って、気がつけばワキの臭いや足の臭いも気にならなくなっていたんです」血液の流れや、リンパの流れがよければ、体の代謝機能もしっかり働いてきます。体内に滞った老廃物もすみやかに排出され、浄化作用が回復して、体臭もよくなったのでしょう。この方法なら、どこでもできるので、手軽に取り入れられる方法といえるのではないでしょうか。

内臓機能と新陳代謝を高めるツボ指圧で加齢臭を防ごう

加齢臭が発生する原因はさまざまですが、内臓機能や新陳代謝の衰えにより、臭いが強くなることはよくあることです。東洋医学では、新陳代謝の衰えこそが、加齢臭の原因であり、深いつながりがあると考えられています。新陳代謝が衰えると、汗やアカなどの老廃物が体にたまりやすくなり、臭いが発生しやすくなるからです。とくに、加齢臭の場合は、「五臓六腑」の「五臓」、つまり、肺、心臓、肝臓、脾臓、腎臓のうちどれかが病んだり衰えたりするために、特有の臭いが起こると考えられています。そのため、これらの問題を解消することが、加齢臭を防ぐのに役立つといわれているのです。

そこでご紹介するのが、「五臓」の機能を高めるツボへの指圧です。これらのツボは、背骨の両側に並んでいます。ツボの位置が特定しにくいので、背骨の中心から両脇へ3㎝ほど離れたところを、肩のあたりからウエストにかけて、少しずつ位置をずらしながら刺激しましょう。次に新陳代謝を高めて老化を防ぐツポです。頭のてっぺん、両耳と頭の上で結んだ線と鼻から縦に延ばした線が交差する「百会」、おへその2~3㎝下の「気海」、膝の皿の下にある、出っ張っている骨の外側の「足の三里」。

この3つが新陳代謝を上げるツボといわれています。ツボの押し方は、押しやすい指で気持ちのよい強さで10秒ほど押します。これを各ツボに3回線り返し行います。「百会」は自律神経を整えるツボ、「気海」は精力と生命力を高めるツボ、「足の三里」は足腰の疲れを取るツボです。どれも、気力の充実をはかり、若返りを促すツボといわれています。1日1回、風呂上がりにひととおりのツボ刺激を行うと、3カ月後には代謝がよくなり、臭いが気にならなくなることでしょう。

消臭下着が悪臭を吸着するばかりかいい香りまで発散

ワキガに悩むのは、男性のほうが多い傾向にあります。ある生活用品メーカーが調べたところ、男性が体臭を強く感じるのは、平均すると35才からという結果だったそうです。その対策として、昨今は消臭下着の発売がされるようになっています。なかでも注目の素材が、「サイクロデキストリン」という循環砂糖分子です。簡単にいえばデンプンのようなもので、人体に悪影響はありません。これには、2つの作用があります。ひとつは、臭い成分を吸着する働き。吸着した成分は外にもれることなく、洗濯することによってそのいやな臭いを洗い流すことができます。

もうひとつは、洗濯時の洗剤や柔軟剤などの香りを残して発散する作用があります。そして、香りを発散したあとに、臭い成分を吸着するというのです。体質を改善して、臭いをもとから絶つことも大切ですが、こうした消臭下着でエチケットを守ることもひとつの方法ではないでしょうか。岐阜県で採掘される「麦飯石」という天然鉱石をご存知ですか。この石は、表面に無数の穴がある多孔質になつていて、水の中で有害物質を吸着して除去する働きがあるといわれています。

しかも水中で、カルシウムや鉄、ナトリウム、マグネシウム、カリウムといった豊富なミネラルを溶かし出し、水質を高める効果があるものです。実はこの麦飯石の微粉末を煎じて飲めば、ワキガや加齢臭、口臭などが消えることが分かっています。作り方は、鍋に700?の水と、スプーン5杯分の麦飯石の微粉末を入れ、中火で煎じ、沸騰したら5分ほど待ちます。それを冷ましたものを、1日にコップ1~2杯ほど飲むのです。個人差はありますが、1週問も続けていると、ワキガや加齢臭などの体臭が気にならなくなるといわれているのです。

汗はまめにふくだけでも消臭できるぬれタオルでふくのが効果的

「暑い季節は、これが欠かせないんですよ」といって、会社員のAさん(43才・男性)がバッグの中から取りだしたのは、密封袋に入ったぬれタオル。「汗をふくときに使うんだけど、冷たくて気持ちがいいし、何よりこれでふいたほうが汗の臭いが気にならないような気がする」と話します。多くの人は、汗をふく場合、乾いたハンカチやタオルを使います。でも、臭い防止を考えるなら、乾燥したタオルやハンカチではなく、固く絞ったぬれタオルでふくほうがよいのです。

なぜなら、臭いの原因は、皮膚に残った雑菌。乾いたタオルやハンカチは、汗の水分を吸収することはできても、臭いの原因になる皮脂や他の成分は取りきれないからです。皮膚に残った成分は、時間とともに雑菌を繁殖させ、臭いとなってあらわれます。しかし、ぬれたタオルならば、水分だけでなく皮脂汚れも取り除くことができるので、時何がたっても臭いがしません。もちろん、Aさんがいうように、塗れタオルのほうがさっぱりするという効果もあります。

また、かいたばかりの汗は無臭です。ですから、汗をかいたらできるだけ早くふき取ることも汗の臭い防止には効果的です。Aさんの汗対策には、れっきとした根拠があったのです。この方法を日常生活に取り入れるようになってからは、ワキガもあまり気にならなくなったというAさん。「身近にあるものを使って手軽にできるので、無理なく続けられます。

トイレに入ってぬれタオルでワキなどをふくとすっきり。あとは洗って、また密封袋に入れておけばいいだけですから、ものすごく簡単です。私は冬場でも、汗をかくような場所に出かけるときは携帯するようにしているんですよ」ただし、使ったタオルを何回も繰り返し使うのはよくありません。タオルそのものに臭いがついてしまうので、それで汗をぬぐつても、むしろ逆効果。使ったら、水洗いしてから密封袋に戻すことをお忘れなく。

ページ移動